GoogleMapsAPIプレミアムが必要な条件

  • GoogleMapsAPIプレミアムが必要な条件

    • GoogleMapsAPIは無料枠が多くプレミアムプランが必要ないケースが多いのですが、利用状況に応じてプレミアムサービスの契約が必要になります。

      サービスの契約となるケースの1つめは有料サービスや利用に制限を設ける場合です。


      GoogleMapsAPIは誰でも自由に見られるウェブサイトやサービスでは無料で使えますが、有料サイトなどではプレミアムプランの契約となります。

      2つめは利用回数です。


      GoogleMapsAPIは1日25000回という無料枠が設定されています。
      この回数は毎日リセットされるのですが、超えた分は都度請求されます。

      基本も充実したGoogleMapsAPIのプレミアムの情報をお届けします。

      ただし、連続で90日課金されるような状況が続いた場合はプレミアムサービスとなります。

      この制限は忘れられていることが多くなっているので注意が必要です。


      特にホームページなどでGoogleMapsAPIを利用している場合に多く指摘されるポイントになっています。3つめはサポートが必要な場合です。無料枠で利用しているユーザーへのサポートは一切ありません。

      特に企業ユーザーがSLAを必要な場合にはプレミアムサービスが必要です。

      無料枠ではSLAが設定されないばかりか、グーグル側でのサポートも一切なく、特にAPIの利用法など自己解決する必要があります。



      この他、特に企業での利用で問題があるのが広告です。
      無料枠でのGoogleMapsAPIでは広告が表示されますが、外すオプションは用意されていないので注意です。